腰から足の痛みから歩けない | 足の痛みを治す方法



間欠性跛行で歩くと足が痛い、腰の横やお尻が痛くシビレ痛む病院では手術といわれた。でも切りたくない!



腰から足の痛みから歩けない

脊柱管狭窄症  63才 男性 事務職

最初は単なる坐骨神経痛だろうと思って、近所の按摩に週に一度通っていたんですけど、

ちっとも良くならない。 そのうち、ヘルニアじゃないかと家内や友人たちに言われ、

総合病院の整形外科で検査を受ける事にしました。 そしたら、

私の場合は、骨と骨との間が狭まっていて、

必要以上にその辺りの摩擦があるために痛みを発症している、と。

 

即ち、「脊柱管狭窄症」という病気だと言われてしまったのです。

年齢的に言えば、決して発症してもおかしくはないらしく、

痛くて寝たきりになるようだったら、まずはブロック注射をするそうなんです。

それが効かなくなったら、最終的には手術をする以外に治療法は

ないというのが診断結果でした。

 

嘗ての同僚に、今では殆ど家で寝た切りになっている人がいるので、

脊柱管狭窄症の怖さはよく知っています。

 

このままでは自分もそうなってしまうんじゃないかと思い、

慌ててパソコンの前に座り込みましたよ。

 

実は以前、脊柱管狭窄症を完治させる事を生き甲斐にしておられるという

整体師さんのブログを読んだ記憶があったからです。 63歳といっても、

今と昔じゃまったく違いますからね。 このままの状態で余生を送るなんて

冗談じゃありません。

 

以前読んだブログは生憎と見付ける事は出来ませんでしたが、

類似のブログやサイトから、良さそうな整体院をいくつかピックアップ。

その中で、一番自宅に近く、通いやすそうなところへ行ってみる事にしました。

 

それも、最初は一人で歩いて行く事がままならなくて、娘に車で送ってもらっていたんです。

それが今では、片道約10分、ゆっくりですがリハビリを兼ねて自力で歩いて通院出来るようになりました。

この分だと、ブロック注射や手術をしなくて済むのではないかと思い、期待しながら通っている今日この頃です。