心のこもった治療して頂きありがとうございます | 足の痛みを治す方法



間欠性跛行で歩くと足が痛い、腰の横やお尻が痛くシビレ痛む病院では手術といわれた。でも切りたくない!



心のこもった治療して頂きありがとうございます

腰痛 74才 女性

人間が年をとって、腰が悪くなるというのは、避けられないことなのかもしれませんが。

それにしたって、腰が痛くなってしまったら、何とか治して楽になりたいというのが人情というものです。

 

もう70を超えてはいるのですが、特に大きな持病もなく、昔の70代と今の70代では大違い、

周りの友人たちも元気にゴルフ、テニスなどのスポーツを楽しんでいます。

 

それなのに私だけ腰痛のために活動しなくなって、それが原因で寝たきりになってしまったら、悲しいです。

だから何とか腰痛を治し、元気な生活ができるようにしていきたいと思っていました。

腰痛は、お医者さんには「年だからある程度は仕方がない」なんて言われて、半分はあきらめていました。

ちょっとくらい薬を飲んだからといって、一時しのぎにしかならず、完治するわけではありません。

 

しかし、寝たきり老人にならないためにも、もっと運動できるよう、腰痛を楽にしたいものです。

そこで、知り合いに紹介してもらった、近所の整体院に行ってみることにしたのです。

整体院では、病院とは違って、薬とかに頼らない、心のこもった治療をしてくれたのです。

 

たしかに、整体院では実際に身体をひねったりするので、ちょっと痛いこともありました。

でもそれは、あくまでも痛気持ちいいという範囲ですし、確実に身体に聞いているというような実感が得られて、

治るという希望がわいてきました。

 

それに、「年だからって、あきらめないで」という整体師さんの優しい言葉には胸を打たれました。

おかげで腰の具合もだいぶよくなり、元の生活に戻れると確信を得ることができました。体だけでなく、

心のケアもしていただいたおかげですね、ありがとうございます。