腰痛が主な症状 ストレス 税理士 | 足の痛みを治す方法



間欠性跛行で歩くと足が痛い、腰の横やお尻が痛くシビレ痛む病院では手術といわれた。でも切りたくない!



腰痛が主な症状 ストレス 税理士

68歳男性デスクワーカー

肩書きはカッコいいけれど、体の負担は一、

二を争う職業 私は自宅でデスクワーカーとして働き、

知り合いの税理士事務所の経理の仕事の手伝いしています。

 

私は60で定年するまで別の税理士事務所に勤めており、

そこでも経理を担当してきました。 そして、60で退職をしてからは、

古くからの知り合いからの声がかかり、この仕事をしている具合ですね。

 

もう68歳になりましたから、その事務所には8年もお世話になっています。

デスクワーカーという肩書きはカッコいいですし、何かの折に会う人に

その名前を出すと、すごいですねぇと感心されるのは、正直嬉しい面もあります。

 

この年にして、パソコンを必要最低限とはいえ使いこなせているというのも、

私自身の誇りでもあるんですよ。 とはいえ、実際のところは、カッコいいどころか、

体の負担が大きい仕事なんです。

 

日がな一日パソコンに向かっているせいか、腰周りの血液がうっ血してしまい、

腰にどこかだるい痛みがともなう始末。

 

また、猫背がちの背骨が悪く作用して、腰が反ってしまっているのか、

腰周りの筋肉が引きつる感じを覚えることも間々あります。

 

気になり始めると、他のことが手につかなくなる性質なので、

腰痛が出始めると、ただひたすら、握りこぶしを作って、ぐりぐりと腰を

マッサージし始めてしまうんです。 そうなるともう作業効率は悪くなってしまいます。

 

腰の後ろにクッションを挟むことで、腰の反りからの筋肉の引きつりは緩和されているのですが、

腰の鈍痛ばかりはどうにもならなくて、参っています。

 

先日、本屋に行った折に、ストレッチや運動で腰の痛みが取れたという

健康雑誌の表紙を見て、思わず買ってしまいました。

 

68歳という年齢ですし、まだまだ元気できるためには、

体を大事にしないといけないと思っているので、

この機会に軽い運動でも始めてみようかと思っています。