妊娠、出産を経ての坐骨神経痛 | 足の痛みを治す方法



間欠性跛行で歩くと足が痛い、腰の横やお尻が痛くシビレ痛む病院では手術といわれた。でも切りたくない!



妊娠、出産を経ての坐骨神経痛

私は子供が2人いて、上の子は4歳、下の子は2歳になります。

上の子を妊娠したときから、左側の坐骨神経が痛くて、ずっと接骨院へかかっていました。

 

出産間近になると、安産のためにも、とにかく歩け。とにかく動け。

と産婦人科の先生やお姑さんに言われたので、毎日歩きに外へ出ていました。

しかし、左側の坐骨神経が痛くて痛くて…歩きに出てから、もうすぐ家に着く、

ぐらいの場所に来たらもう、足が上がらず、引きずりながら帰っていました。

 

坐骨神経が痛くて、酷くなってくると足までしびれてきます。

腰から下がずっとビリビリした感じです。

寝ているときも足の痺れと坐骨神経の痛みでなかなか寝れなかったり、

変な体制で寝るので足がつったりと、辛い毎日を送りました。

 

上の子を産んだあとは、坐骨神経の痛みは消え、

何事もなかったかのようでした。

しかし、下の子を妊娠するとまた痛みはぶり返してきました。

しかも下の子は男の子だったのでよけいにお腹が大きくなるし、

重たいし、足に負担がかかりました。また足のしびれも出てきました。

 

今度も出産すれば治るだろう、と思っていましたが、今回は産後の方が酷かったです。

というのも、よく泣く子だったので、常に抱っこしないといけなかったからです。

産後ずっと1年間ほど接骨院へ通い、ようやく足のしびれもとれてきました。

今でもたまに痛くなったら通っています。