脊柱管狭窄症 | 足の痛みを治す方法



間欠性跛行で歩くと足が痛い、腰の横やお尻が痛くシビレ痛む病院では手術といわれた。でも切りたくない!



脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の場合は、お尻から特に足のすねにまで痛みやシビレが走ります。
狭窄症は骨の変形です。病院では老化といわれます。

脊柱管狭窄症のケース

60歳以上の腰痛の中でも多いのが脊柱管狭窄症です。腰の骨は5個あり、骨盤の上が5番目の腰椎になります。
体重が一番かかる、腰椎の4番目と5番目に狭窄症を発症することが多くあります。

狭窄症の症状としては

  • すねの痛み
  • お尻の痛み・足のしびれ
  • 長く歩けない(しゃがみこむと又、歩ける)
  • 長く立っていられない
脊柱管狭窄症の症状は痛みが強くなることも多く、100メートルくらいしか歩けない場合は手術といわれます。

こんな軽い治療で本当に治るの?と思いました

今では1時間歩けるようになりました。 61才 男性 脊柱管狭窄症

 

 

 

脊柱管狭窄症になったらもうダメなの?


管狭窄症になったからといっても、あきらめることはありません
確かに手術が必要となるケースもありますが、ご自宅での体操で
改善されている方が多くおります。

解決法
ご自宅で誰でも簡単に出来る改善方法があります。