坐骨神経痛 | 足の痛みを治す方法



間欠性跛行で歩くと足が痛い、腰の横やお尻が痛くシビレ痛む病院では手術といわれた。でも切りたくない!



坐骨神経痛

坐骨神経痛の場合は、臀部の痛みや足の後ろ側の痛みやシビレがあります。

坐骨神経痛は主に、骨盤のズレや腰椎の椎間板が原因になります。

坐骨神経痛のケース

骨盤がズレると、坐骨の神経を圧迫し足の後ろ側に症状が出てきます。

腰椎の椎間板の圧迫でも同じような痛みが出るケースもあります。

坐骨神経痛の症状としては

  • 臀部の痛み
  • 足の後ろ側の痛みやシビレ
  • 椅子に座っているときの痛み
  • 足の付け根の痛み
坐骨神経の症状が強くなると、椎間板ヘルニアの様な症状も出てきます。

46歳男性 自営業 起業してから幾年月 経験と腰痛を積み重ねてきた

高校を卒業して以来、私は、ほとんど誇張ではなく、馬車馬のように働いてきました。

就職してから走り回り、そして会社をやめ、新たに起業してからも、走り回りました。

 

46歳となった今では、一応社長という肩書きにはなっていますが、零細企業です。

社員は私一人で、後はアルバイトを数人雇って、少数精鋭で仕事をしています。

 

少数精鋭と言えば聞こえはいいですが、実際には、

細々と倒産をのらりくらりとかわしながら仕事をしているのです。

アルバイトの人達も出入りがやや激しく、私自身には休みの日がなかなかなく、

身体を酷使しています。 でも、人に使われるよりは人を使う方が自分の性に合っているので、

今の仕事には満足しています。 特に、苦労してお金をためて起業したものですから、

今の会社には思い入れも深いです。

 

これからも、なるべく長く働いて、この会社を存続させて、夢の続きを見ていたいと思っています。

しかし、若者とは違うわけで、体力には限界があるし、夢だけでも生きていけません。

40代ともなると、情熱だけではどうにもならず、現実という厚い壁が目の前に立ちふさがります。

お得意様からの発注の増減や、借金の減額など、いろいろ気にかけないといけないこともあるのですが。

 

何よりも、若いころからの無理がたたって、身体に変調が起こってきていることが怖いのです。

脊椎分離症という、聞いたこともない病気に悩まされるようになってしまったのです。

激しい運動をすることで脊椎の関節突起が疲労骨折し、離れてしまうというものだそうです。

どんな症状かというと、簡単に言って、すごく腰が痛くなり、これがかなり苦しいのです。

 

椎間板ヘルニアと同じように、神経が圧迫されることで、腰痛などが起こるようなのです。

やはり若いころのようにはいかず、身体はどうしても無理がきかなくなってしまいました。

しかし、私は一応社長であるからには、会社をアルバイトの人達に任せておくわけにもいきません。

 

私は熱が38度あっても仕事に出てきたので、今回も、どんなに腰が痛くても働いています。

私の身体がダメになったときは、私の会社もダメになってしまうときなのでしょう。

 

お医者さんからは、「このまま働き続けるなんてとんでもない」と言われているところですが・・・。

不景気でお得意様からの発注も減ってきている今、私が仕事を休むわけにもいかないのです。

今までの経験とともに、腰痛も積み重なり、人生に深みが増したと考えながら、働いています。

解決法

 

ご自宅で誰でも簡単に出来る改善方法があります。

 


30歳男性 右足のシビレが治りました

 

 

坐骨神経のシビレ・痛み

 

坐骨神経になったからといっても、あきらめることはありません
ご自宅での体操で改善されている方が多くおります。

 

解決法

 

ご自宅で誰でも簡単に出来る改善方法があります。